日付: 2020-12-04
遊星減速機は、オートメーションおよび工作機械業界のさまざまなトランスミッションに不可欠なコンポーネントです。1500W以下のサーボモータと遊星減速機のマッチング率は60%に達していると推定されています。つまり、市販のサーボモータ5台につき約3台が遊星減速機で販売されています。この数値は、未来の10年間で75%に達すると推定されています。

これらの遊星減速機では、ほとんどが平行軸遊星減速機であり、20%未満だけが直光軸遊星減速機です。 しかし近年、複雑な自動化要件に対応するために、新しいタイプの直交軸減速機が生まれました、それは多出力軸減速機です。

従来のシングル軸直角減速機とは異なり、多出力軸は1〜3個の出力軸ができます。これは、単一のサーボモーターを使用してダブルリードスクリューの推進システムによく使用されます。システムの安定性を高めるだけでなく、サーボモーターとコントローラーの使用を減らすことができ、システム開発のコストと困難度を大幅に削減します。

SESAME MOTORのPTタイプ多出力シャフトシリーズ製品は、サーボトランスミッション用に特別に設計されており、高い剛性と高いトルク特性を備えています。SESAME MOTORは30年に渡るギアの設計と製造の蓄積は強力なノウハウであり、超精密なバックラッシュに加えて、伝動誤差がほとんどなく、限られた寸法で剛性を最大化し、始動および停止の瞬間に誤りバックラッシュを発生させません。 このシステムは、応答特性が高く、振動が小さく、サーボシステムで補正する必要がありません。サイズ揃えております、納期も短いです。 入力軸と出力軸はどちらも中実軸または中空軸にすることができるの高い柔軟性を備えた。 半導体業界で広く使用されています。これは、自動制御エンジニアの福音であり、インダストリー4.0を実現するための最適のパートナーです。

今すぐSESAME MOTORの営業担当者に連絡して、最適のソリューションを提供してください。
TOP